APIを利用する

FastLabelが提供しているAPI・SDKの使い方を説明します。

アクセストークンを発行する

  1. FastLabelワークスペース の [API認証] メニューを開きます。
  2. 画面右上にある[アクセストークンを作成]をクリックします。
  1. アクセストークンの名前を入力して、[アクセストークンを作成]をクリックします。
  1. アクセストークンが作成されます。作成されたトークンを控えておいてください。

🚧

作成したトークンはダイアログを閉じると参照できなくなります。

FastLabel Python SDKを利用する

GitHubの README.md に従って、先ほど発行したアクセストークンを環境変数にセットしてご利用ください。

https://github.com/fastlabel/fastlabel-python-sdk