データ変換

オブジェクトのアップロード時、アップロード後に変換をかけて新しいデータセットの作成を行うことができます。

変換オプション

利用できる変換オプションと仕様はデータセットのタイプ(画像・動画・音声)によって異なります。

画像

リサイズ

サイズを指定して画像のリサイズを行うことができます。
また、アスペクト比を保持したまま変換処理を行うことも可能です。
指定したサイズに満たない場合には、元の画像のサイズが採用されます。

元画像サイズ(横1920 × 縦1080、アスペクト比16:9)に対してリサイズを行なった場合は以下のようになります。

サイズ(横 × 縦)アスペクト比を保持変換後画像サイズ
1000 × 500なし1000 × 500
1200 × ---横を基準1200 × 675
--- × 600縦を基準960 × 600
1000 × 1000長辺を基準1000 × 562

分割

画像を3×3に分割することができます。
下の模式図のように分割をします。境界部分では、300pxの余裕をもたせて分割します。(右の図の赤色の部分)

APIを利用することで、最終的に1枚の画像のアノテーションデータとして、9つの画像のアノテーションデータを結合してエクスポートすることができます。APIの利用方法についてはこちらをご覧ください。

17321732

🚧

結合処理について

1つのアノテーションの最大長が300pxを超えるような場合、結合処理が機能しない場合があります。
アノテーションの結合処理は、以下のプロジェクトタイプにのみ対応しています。
・画像 - 矩形
・画像 - 多角形

動画

分割

最大1GBの動画を2~10分割することができます。分割を行う場合、動画はフレーム数が等しくなるように分割されます。

SDKを用いて、分割後の動画に対するアノテーションを分割前の動画へアノテーションを行った形式として取得することが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

🚧

注意

・タイムコード、副音声、字幕は分割されません。
・250MBを超える動画のプロジェクトへの連携はスキップされます。

音声

分割

1つの音声を2~10分割することができます。分割を行う場合、音声は再生時間が等しくなるように分割されます。