Google Cloud Storageと連携する

ここではGoogle Cloud Storageにあるデータをタスクとして登録する方法を説明します。Google Cloud Storageの設定を行うには、ワークスペースのオーナー権限が必要です。

サービスアカウントを作成する

  1. FastLabelワークスペース の [ストレージ連携] メニューを開き、Google Cloud Storage欄に記載された8桁の英数字を控えておいてください。
  1. [GCPコンソール] で[IAM Service Account Credentials API]を検索し、[有効にする] をクリックします。
  2. [GCPコンソール] で、[IAMと管理] > [サービスアカウント]に移動し、[サービスアカウントを作成] をクリックします。
  3. 手順1.で控えていた英数字を用いて以下の各項目を入力し、完了 をクリックします。
    • サービスアカウント名: fastlabel-{8桁の英数字}
    • サービスアカウントID:  fastlabel-{8桁の英数字}
  4. 作成したサービスアカウントをクリックし、詳細画面を開きます。
  5. [権限]タブで、[アクセスを許可] をクリックします。
  6. 以下の各項を入力し、[保存] をクリックします。
    • 新しいメンバー:[email protected]
    • ロール:サービス アカウント トークン作成者

オブジェクトの読み取りアクセス許可をサービスアカウントに付与する

  1. [GCPコンソール] で、[Cloud Storage API]を検索し、[有効にする] をクリックします。
  2. 連携したい Cloud Storage のバケットの[権限]タブ に移動し、[追加] をクリックします。
  3. 以下の各項目を入力し、[保存] をクリックします。
    • 新しいメンバー:「サービスアカウントを作成する」で作成したfastlabel-{8桁の英数字} で始まるサービスアカウントメール
    • ロール:Storage オブジェクト閲覧者

ストレージ連携の設定をする

  1. FastLabelワークスペース の [ストレージ連携] メニューの [サービスアカウントメール] に サービスアカウントを作成するで作成したfastlabel-{8桁の英数字} で始まるサービスアカウントメール を入力します。
  2. [保存] をクリックします。
  3. [連携テスト] をクリックして連携できるかを確認します。

Google Cloud Storageから連携してタスクを作成する

設定が完了したら、タスク作成時にGoogle Cloud Storageからの連携が利用できるようになります。
Google Cloud Storageから連携してタスクを作成する